アトピーのこといろいろ!アトピー肌でお悩みの方ぜひご覧ください。スキンケアでアトピーに負けないお肌づくり!アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使えるアトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使えるアトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使えるアトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使えるアトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使えるアトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使えるアトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使えるアトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使える。アトピースキンケアを考える。アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使えるアトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使えるアトピー肌などのお肌のトラブル予防スキンケアで保湿アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使えるアトピー肌などのお肌のトラブル予防スキンケアで保湿アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使える,アトピースキンケアを考える。乾燥肌ニキビ肌アトピー肌スキンケアア,アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使える,アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使える。アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使える,アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使える。アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使える,アトピースキンケアを考える。アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使える,アトピースキンケアを考える。アトピー肌などのお肌のトラブル予防スキンケアで保湿,アトピースキンケアを考える。アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使える,アトピー肌スキンケア,アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使える商品などのご紹介,富士市にある望月しょうせいどうがご提案いたします
望月しょうせいどう(富士美人望月松生堂)    
会社概要
 店主のひとり言 富士美人 お問合せ


ホームお肌の悩みおすすめスキンケア商品特集お客様の声お肌の学校ネットショップリンク

■お肌の悩み 〜アトピー
アトピーについて
アトピーという語源
アトピーの原因
アトピー肌のスキンケア
こどものアトピーと「とびひ」
                                 望月しょうせいどう
アトピーについて

アトピー性皮膚炎の人は、皮膚が乾燥してザラザラしていることが多く、特に
幼年期〜学童に顕著に見られ「アトピー皮膚」と呼ばれています。
乾燥しただけでもかゆみが生じますが、皮膚のバリア機能の低下により外界から異物・アレルギーの原因物質が進入し、湿疹性の病変が起きやすくなります。衣類でこすれるなどのちょっとした刺激でもかゆくなり、湿疹のブツブツができて、そこをいつもかきむしっていると、表皮は増殖し、分厚くゴワゴワになります。
アトピー性皮膚炎」は、湿疹が繰り返し繰り返し起こるため、時間の経過と共に皮膚の状態も変化していきます。
  下記の表をご覧下さい。

*症状のうつりかわり

生後1ヶ月前後
赤みが強い
紅色丘疹型
3ヶ月未満
黄色いフケ様
脂漏性湿疹型
幼児
ジュクジュク
湿潤型
児童・年長児
カサカサ・盛り上る
苔癬化型
成人
ガサガサ・厚い皮膚
乾燥肥厚型

アトピーという語源

"アトピー"という言葉はギリシャ語の「ATOPOS」からきていて、「奇妙な」「不思議な」「とらえどころのない」というようなことを意味しています。一般にアトピーというときは「アトピー素因」という体質的なものを指し、いろいろな刺激に敏感に反応し、炎症を起こしやすい体質であることを意味しています。

アトピーの原因

アレルギー性の皮膚疾患の代表的な病気です。原因がたくさんあって多因性疾患とも言われます。
   多数の抗原、複雑な免疫のメカニズム、個々人の体質、交感神経の亢進、心理的要因などが絡み合って発生します。
   最近の研究では、リン脂質からセラミドを合成する時にそれを邪魔するスフィンゴミエリン・デアシラーゼという皮膚酵素が過剰に分泌されて恒常的にセラミド不足になり、乾ききった角質層を作ってしまうということが分ってきました。だからアレルギーの治療と平行して、正しい日常のスキンケアが欠かせないのです。


アトピー肌のスキンケア

肌のトラブル予防は、「スキンケア」で「保湿」しましょう!

 アトピー肌の人の皮膚表面には、細菌・特に黄色ブドウ球菌が多数存在します。この菌は皮膚の角質細胞につきやすい性質があります。健康な皮膚は、皮膚をカバーしている皮脂膜がブドウ球菌の増殖を抑えていますが、アトピー肌の人は、皮脂の分泌が少なく菌が繁殖しやすい状態です。またダニ・ホコリなどの抗原が体内に入ると、ヒスタミンがマスト細胞から放出され、かゆみや湿疹が現れます。そこでスキンケアの原則を簡単に表にしました。

スキンケアの原則 伊崎誠一「皮膚と健康」より
望月しょうせいどうおすすめ商品
清潔のケア 汚れを落とす
(皮脂も共に流される)
ハーブシャボン
ささ和紙ボディータオル
乾燥のケア 皮脂を補う オーパーリバース
清潔のケアと
乾燥のケアの両立
結論:洗った後に
皮脂代用成分を補うと良い
富士美人「アピットジェル」を風呂上りのボディーや顔にのばす

こどものアトピーと「とびひ」

"とびひ"には注意して下さい。特に夏に多発する子供の皮膚病です。6歳以下の子供に発症しやすく、2〜3歳が最多です。"とびひ"の直接の原因は細菌感染ですが、虫刺されや湿疹などによるかき傷が間接的な原因となります。
またアトピー肌や乾燥肌(子供は思春期になるまでは乾燥肌が多い)の人は、皮膚のバリア機能が低下しているため"とびひ"に感染しやすくなっています。"とびひ"には感染した細菌により2種類に分類されます。

@ 黄色ブドウ球菌の感染

最初は少し赤く、次いで小さな水疱ができ、それがだんだん大きくなりくるみ大になります。     薄い水疱は破れどんどん感染していきます。夏場に子供に多いタイプで、日本の"とびひ"はほとんどがこのタイプです。

A 黄色ブドウ球菌とレンサ球菌の感染

二種の細菌の混合感染。季節的な偏りは少なく、成人にも発症します。
水疱がすぐに破れて黄褐色のかさぶたになります。

治し方

軽症の場合は抗生物質軟膏を塗り、ガーゼで覆います。1日3〜4回、患部を清潔にした後、軟膏を塗り直します。次々できる場合は内服も必要になります。湿疹化して痒い場合は、抗生物質含有の副腎皮質ステロイド外用剤や抗ヒスタミン剤の内服薬を併用します。

予防

皮膚の清潔に保つ事は言うまでもない事ですが、セラミドを補っていつも皮膚を潤わしておけばかなり予防できます。特に「富士美人」アピットジェルは最適な保湿剤です。アトピー肌の方はベトベト感を嫌いますが、このジェルは全くベトベト感がありません。また殺菌効果抜群で皮膚をツルツルにするクリーム状のローション、マジカルウォーター(ホワイトリリー化粧品)も予防効果が高いです。



アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使えるアトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使えるアトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使えるアトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使えるアトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使えるアトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使えるアトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使えるアトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使える。アトピースキンケアを考える。アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使えるアトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使えるアトピー肌などのお肌のトラブル予防スキンケアで保湿アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使えるアトピー肌などのお肌のトラブル予防スキンケアで保湿アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使える,アトピースキンケアを考える。乾燥肌ニキビ肌アトピー肌スキンケアア,アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使える,アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使える。アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使える,アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使える。アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使える,アトピースキンケアを考える。アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使える,アトピースキンケアを考える。アトピー肌などのお肌のトラブル予防スキンケアで保湿,アトピースキンケアを考える。アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使える,アトピー肌スキンケア,アトピースキンケア乾燥肌敏感肌赤ちゃんの肌ニキビ肌に使える商品などのご紹介,富士市にある望月しょうせいどうがご提案いたします